記事

夏バテの対策

夏ばてしない10か条

夏ばて対策10か条

1.冷房温度をうまく調節する
冷房のきいた室内と蒸し暑い外を往復すると、身体はその変化についてゆけません。5度以上の温度差に対しては、身体の温度調節機構はうまく働かないと覚えておきましょう。冷房温度は省エネの面からも28度がオススメ。

2.こまめに上着を脱ぎ着する
といっても公共機関の冷房はどうしょうもないし、オフィスの冷房もなかなか自分ひとりでは変えられない・・・というのも事実。はおりものを一枚持ってこまめに脱ぎ着しましょう。

3.冷房よりも除湿、扇風機をうまく使う
湿度が低いと涼しく感じるので「冷房より除湿」を心がけましょう。さらに風があると体表から熱が奪われて涼しくなるので扇風機を併用するのもオススメ。冷房の向きは、直接体を冷やさないように、風向きは天井に向けるのがポイント。直接冷たい風が体にあたるようにすると、体の表面の熱が奪われつづけることになってしまうので、体が疲れてしまいます。同様に扇風機も首を振るようにしましょう。

4.寝る前に冷房はタイマーをかける
寝ているときにずっと冷房がかかっていると身体に負担がかかります。タイマー設定にしましょう。

5.安眠には頭を冷やす
全身を冷やさなくても、頭が冷えるとそれだけで涼しく感じます。冷えるタイプの枕を使ったり、裏ワザとしては、風邪用の頭を冷やすシートを使ったりするとかなり涼しく感じます。敷ぶとんの上に竹シーツや寝ござを敷くと身体と布団の間に隙間ができて体感温度が下がり、涼しく感じます。

6.冷たい飲み物のがぶ飲みはNG
暑いと食欲が低下しがち。でも、冷たい飲み物を取りすぎると、胃液が薄まり消化機能の低下を招いてしまいます。

オススメはぬるめのミントティー。ミントには食欲増進や、胃や腸の消化、働きを高める作用などの効果があるといわれていますし、爽快感もあります。(参考:「夏バテに…冷たい飲み物vsあったかい番茶」)

7.少量でも良質のたんぱく質、ビタミン、ミネラルを摂る
夏ばて防止に効果的な食事のとり方は、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく摂るようにすることです。たとえ少量でも質の良いものを食べることが重要。ビタミンの中でも特に重要なのは糖質の代謝を助けるビタミンBなのでこれを積極的に摂りましょう。豚肉や精製していない穀類、豆類などに多く含まれます。(参考:「夏ばてには枝豆?

8.刺激の強い食べ物を味方にする
胃腸を刺激すると食欲が増進します。胃液の分泌を促す食べ物には、辛いものや香辛料、香味野菜などがあります。辛いものは、発汗による夏ばて防止効果も期待できます。スパイスいっぱいのカレーは実は薬膳料理という話も。ただし食べすぎは胃腸を痛めるのでほどほどに。レモン・お酢などの酸味も食欲増進、疲労回復効果があります。

9.夏太りに注意!
最近夏ヤセよりも夏太りする人が増えているとか。これは、今までの夏ばてのイメージを引きずって、冷房の効いた部屋にいるのについつい食べてしまっていることが原因のよう。しかも夏の食事は冷えたものが多くなりますが、実は冷えたものは油分も甘味も感じにくいので要注意。

「暑いから身体が持たないし、いっぱい食べなきゃ」というのは過去の話かも・・・。バランスの良い食事をしましょう。(参考:「気をつけよう!夏やせよりも夏太り 夏太りにご用心」)

10.上手に汗をかく

汗をかくのはカラダの温度調節のためにもとても重要。しかも、血流も良くなる、老廃物も出てゆくという効果もあります。暑いからといって身体を動かさないとうまく汗をかくことができなくなります。涼しい夕方などにちょっと歩いてみるなど、適度な運動をしましょう。

半身浴などでゆっくりぬるめのお風呂につかるのもよいでしょう。好みのアロマオイルをたらしたりすれば、リラックス効果も高まります。お風呂後のストレッチも血流促進効果と筋肉をほぐす効果があるのでオススメです。(参考:「残暑の疲れを解消! 1日2回の入浴術」)

 

意外にも「肉と魚」が夏バテに効く

夏バテには様々な症状があると書いたが、その中核となるのはやはり「疲労」だ。疲労がたまることで、他の身体の変調が2次的に出てくることが多い。そこで、まずは疲労を食事によって軽減したり解消したりすることを考えよう。

具体的に何を食べればいいのか。読者の皆さんは「夏バテ対策に効く食べ物は?」と尋ねられたらどんな食べ物を答えるだろうか。「うなぎ」「夏野菜」「カレー」「スープや鍋類」などを答える人が多いかもしれない。もちろん、これらも適宜適量食べれば夏バテ対策になるし、特に野菜はバランスの取れた食事をする上で必要不可欠である。

しかし、今回はあえて夏バテ対策食材として「肉」と「魚」を強力にプッシュしたい。「えーっ、この暑い中で肉とか魚を食べる気なんて起きないよ。無理して食べたら余計夏バテになりそう…」などと言うことなかれ。それは単なる先入観に基づいたイメージであり、肉と魚にはちゃんと疲労を回復するのに有効な栄養素が含まれている。

まずは肉から。川崎南部病院健康管理センター所長の仲眞美子氏(医学博士)は、「肉が不足すると心身に不調をきたしがちになる」と警告する。仲博士によれば、肉に含まれる「必須アミノ酸」は肝細胞の再生を助ける作用があるが、「肝臓の機能が低下するとエストロゲンや甲状腺ホルモンが肝臓で分解されずに残り、疲れやすくなったりイライラしたりするようになる」という。