記事/ツイート

3.  ワクチン有効率95%の実態は、発症率減少はたった1%

ファイザーの第III相臨床試験の中間解析(2020年11月18日)

  • 非接種群の発症率は1%以下(定義は、発症かつPCR陽性であるが、実態は発症の有無に拘わらず、PCR陽性で判定)
  • 発症を判定するPCR検査法の妥当性は低い →  「ここが変だよ!?発症を見極められないPCR」参照
  • 発症率が低い場合、発症率の差は差が無くても、発症率の比は誇張されるので、絶対リスク減少率が妥当
  • 絶対リスク減少率 = 非接種群の発症率(0.88%)- 接種群の発症率(0.04%) = 0.84%
  • ワクチン有効率(厚労省サイトの有効性について) = 1 – (接種群の発症率(0.04%) /

                                             非接種群の発症率(0.88%)) = 95%